白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
エキサイトエキサイトブログホーム | ブログトップ | サイトマップ
白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
spirit of yukoh
単独世界一周ヨットレース「5-OCEANS(5オーシャンズ)」にspirit of yukoh号に乗り込み、日本人初のクラスⅠにてチャレンジする海洋冒険家、白石康次郎の公式(オフィシャル)ブログページです。
by kojiro_shiraishi
 公式ホームページ
 ライフログ
 カテゴリ
 以前の記事
 フォロー中のブログ
 最新のコメント
 最新のトラックバック
 検索
 タグ
 その他のジャンル
 ファン
 記事ランキング
 ブログジャンル
 画像一覧
<   2006年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-30
L.T13:15  UTC 09:15
47-02,20S 69-59,62E C W 30kt 991hp 10℃ コース75度 艇速13kt

これをどう克服するかが、本当の強さだ。


昨夜は40kt近く吹いたが、昼ごろから30ktぐらいに落ち着く.
セールをUPする前に、メインセールの破れたところの応急処置をする。
この手のセールはすべて、セール生地でできたパッチを当てて直すのだが、小雨模様で
ぜんぜんパッチがいうことを聞かない。

何度か他のテープで試してみたが、この天候ではぜんぜん付かないのである。
そこで、ステッチで直すことにした。
昔ながらの針と糸である。
とにかく、これ以上大きくなら無いようにするためだ。
30ノットの風の中、激しく揺れるブームに乗り、小さな針を持つのは大変だが、何とか縫えた。
このままフリーマントルまで持ってくれればいいのだが。

また大きくなるようであれば、晴れの乾いた日にもう一度トライしてみよう。

船は、規定道理にケルゲレン島をスターボードタック(右側に見て)で通過した。
これからフリーマントルまでうまく風に乗れるといいが、もしかしたら一度高気圧に
つかまるかもしれない。
まだ、氷山の可能性のあるので十分に気をつける。

今日、最後の富山ブラックを食べた。
おいしかった。富山の皆さんありがとう。

そろそろフリーマントルの段取りが始まっている。
すべてを直したいが、これからは予算との戦いだ。
これもレースのうち、苦しいところである。
次はこれより過酷なビックレグだ。
いかにいい準備をするかにかかっている。
シュアクルー・バーチャルクルーの腕の見せ所です。
お互いにがんばりましょう。

レースオーガナイザーの予定や、コンテナの予定、次々に変動する。
自然相手のレースは本当に予定道理いかない。
これをどう克服するかが、本当の強さだ。

まさに、疾風に勁草を知る!

康次郎
d0073005_21414098.jpg

撮影:白石康次郎/使用カメラ:キヤノンEOS KissデジタルX
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-30 21:46 | Comments(4)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-29
L.T13:03  UTC09:03 48-10,38S 61-53,94E BC W 23kt 1003hp 
12℃

コース64度  艇速11,5kt

今日も時間調整した。
さすが60フッター。2日に一度のペースだ。
昨夜は前線の通過でかなり荒れたが今は少し安定してきた。
久しぶりに太陽も顔を出す。
マストのD3,D2に緩みが気になるので、あまりメインを大きくしないようにする。
早め早めのリーフに心がけたほうがよさそうだ。
メインセールのJPNの部分が30センチほど切れている。
ここも心配である。

SAT Cとフリート77の衛星切り替えの作業をする。
今のセーラーはよほどコンピューターに詳しくないと勤まらない。
今の船は弱電が多い。
電気の知識が大切である。

とは言っても、いつものビルジくみの仕事からは昔から開放されない。
いつか完全ドライの船に乗ってみたものだ。

今日、お昼に、このレグのエースである、秋刀魚の塩焼きを食べた。
驚くべきことに秋刀魚の塩焼きのレトルトパックである。
これが見事で頭から、はらわたまで入っている。
すごい!
醤油をかけて秋刀魚丼。
実においしかった。
本当に日本のレトルト技術はすばらしい。
探せばこういうものはいっぱいあるのだろうな。

ショアクルーとバーチャルクルー諸君にお願いする。
すばらしい食材があれば、ぜひ事務所に送って欲しい。
次のレグは長い。

食料も十分に考えなければならない。
白飯はあと2パックになってしまった。
大切に食べよう。

康次郎
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-29 21:32 | Comments(11)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-28
LT14:00  UTC11:00 49-20,78S 54-54,10E C NW 32kt 1000hp 8℃

101度 16kt

霧はなくなったが全天雲。
風が北に回り結構強い。
あまり南にいきたくないのでほぼアビームで走る。
艇速は16kt以上出ているので、パンチングもたびたび。
タイプを打つのが大変だ。
木製のジェットコースターに乗っているようだ。

波がデッキを激しく洗うので、水漏れが激しい。
チャートテーブルの部屋はいいのだが、その後ろの部屋がびしょびしょだ。
何度ビルジくみをやっても追いつかない。
これだけ荒れているのだから仕方がない面もある。
風が西に変われば、船の状態も落ち着くだろう。
早く風がシフトして欲しい。

タイプを打つのが危険なのでここまで。

康次郎
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-29 18:48 | Comments(1)
11月25日冒険授業IN横浜つつじが丘小学校
11月25日、洋上の白石と横浜市立つつじが丘小学校の子供達と衛星電話を繋いで子供達の質問を洋上でレース中の白石が答える「冒険授業」の第1回目が行われました。

時間の問題もあり子供達の沢山の質問の中から選んでの代表者により質問でしたが、参加した子供達は好奇心旺盛にスピーカー越しの白石の声を聞きいっていました!

その後、Spirit of yukoh オリジナルTシャツに沢山の応援メッセージを頂きました!
この応援Tシャツはオーストラリアにもってゆき、白石に手渡します!

元気なご声援ありがとうございました!


撮影:株式会社スポーツビズ
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-28 13:23 | Comments(4)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-27
L,T13:10 UTC10:10  48-23,50S 45-12,46E  F(霧) NW 23kt 1008hp10℃ コース113 艇速15t

思わず感謝の念が沸いてきた。

昼、少し前からガスがかかる。南氷洋では久しぶりだ。
北から温かい風が入っているからだろう。
前が見えなくて不気味である。

今日は東経45度を越したので時間調整。LTを1時間プラスした。
地球は経度で15度進むごとに1時間ずれる。
今は東に進んでいるのでプラスだ。
プラス9時になると日本と同じ時刻になる。
だんだん日本時間に近づいてくるだけで、なんだかうれしいものである。

マストのD2、D3のたるみが気になっている。
結構ぶらぶらしている。
D1もゆるみ気味だ。
あまり無理をしないほうがよさそうだ。
ここまできて、マストトラブルは避けたい。

燃料は残り20リットル缶残り14本
十分足りる計算である。
でも、何が起こるかわからないので、最後まで燃料は大切に使う。
このところ寒いせいか、バッテリーのもちが悪い。
いつも2時間10分の充電で、約12時間持ったか、今では9時間しか持たない。
寒さのせいと、南氷洋で舵に大きなロードがかかるのでその分電気を食うのかもしれない。
フリーマントルではジェネレーター(小型発電機)を積むように検討中。
お金のかかる話だが、次ぎのレグは非常に長い。
燃料の軽減と、安全のためである。

先ほど後ろに燃料を取りに行ったとき、オートパイロットが、ギー・ギーと、働いていた。
僕の変わりに24時間、休み無く働いてくれる。
その健気な働きに涙が出る。

思わず感謝の念が沸いてきた。

「オートパイロット君、ここまでトラブル無く本当に良く働いてくれる。君の働きに
全員が感謝しているよ」
これからもよろしくお願いします。

d0073005_10134217.jpg


感謝  康次郎
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-28 10:15 | Comments(3)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-26
L.T11:30 UTC09:30  48-24,16S 37-43,11E

W 28kt 1008hp 12℃ コース63  艇速13kt

今朝から風が徐々に北に回ってきた。
これかもっと北に振れてくる見込み。
そこで、方向転換。
しかし、風が30kt近く吹いているのでジャイブではなくタックにする。
このほうがマストと、セールにやさしい。
ユーコーは常にセーフティーファースト(安全第一)である。

緯度で49度付近より若干温かい感じがする。
48度付近で走れたらいいと思っている。
もっと南に下がれば近道だが、なんとなく氷山の恐れがあるのでやめておく。
これは僕の「直感である」根拠は無い。
最初の世界一周のときもこの辺で48度半で氷山に遭遇した。
今年はずいぶん北に上がっているらしいので、気をつけよう。

波も相変わらず高い、時々サーフィングして船の中にドン・ドンと、大きな衝撃が走る。

怪我をしないように注意しなければならない。
こうして、両手でタイプを打つと危ない。

今日は全体的な曇り空でスコールが無くなった。
安定した時化だ。

これから先も油断しないように慎重に走りたい。

康次郎
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-26 21:07 | Comments(6)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-25
,T(ローカルタイム)11:23  UTC9:23  47-05,52S 30-09,34E BC SW 25kt 
 1006hp 10℃ コース95度 艇速13kt

海面は良く荒れている。
波高も6~8m。
風は24~30KT 
しかし、ひっきりなしにスコールが来る。これが40~46KT

今朝、悪いニュースが飛び込んできた。
アレックスを助けたマイクが、その後すぐに、マスト2箇所にダメージを受けたらしい。

よって二人で協力してケープタウンに向かうとの事。
大変である。
この大荒れの中、まともな向かい風の中を進んでいく。
至難の業だ。
レース委員会からは救助の要請は来ていない。
確認したところコージローはそのまま進んでいいとの事。
マイクとアレックスは、ショアクルーと2時間おきに連絡を取れているそうだ。
それにしても本当に大変である。
とにかく無事にケープタウンにたどり着いてほしい。
幸運を祈る。

こちらも人事ではない。
波も悪くスコールもキツイ。
ここはレースと言うより、ボートキープが優先である。
昨夜は南に向かわず、遠回りではあるが北の方へ進路をとった。
南はどうも行く気はしなかった。
氷山の予想と、最近仲間たちのトラブル続きで悪い「気」が流れている。
ここは安全策で、あまり南には下らずに、進もうと思っている。

今日は横浜の子供たちと冒険授業。
電波状態が悪く、聞き取りにくかったが、何とか成功!
横浜の子供たちありがとう。

そういえばもうインド洋である。
ここんところ忙しく、挨拶も済ませていなかった。
大西洋の神様、ありがとうございました。
インド洋の神様、これからよろしくお願いします。

写真:白石康次郎
d0073005_17103527.jpg
d0073005_17105462.jpg
d0073005_17111479.jpg



康次郎
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-26 17:12 | Comments(2)
Spirit of yukoh 疾走!
今回の動画はお待ちかねのSpirit of yukoh の帆走映像です。
この映像は10月22日のビルバオでのスタート時のものですが、実施の船の動きが
わかるかと思います。

事務局


[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-25 02:34 | Comments(2)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-24
UTC12:40 48-45,40S 23-47,80E BC W 20kt 994hp  10℃
 コース60  艇速13kt


今朝、6:50 アレックスは無事にマイクによって救助された。

本当に良かった。

船に乗り移ると言っても大変な作業だ。
下は水温6度以下の南氷洋。氷山の浮く海だ。
おそらくサバイバルスーツを着て、船を捨てライフラフトに乗り移り、その後エコベールが拾ったのだと思う。
とにかく無事乗り移れてよかった。

今回のアレックスのことを思うと、察するに余りある。
彼は今まで一度も世界一周レースを完走していない。

失敗の辛さは、私も十分に経験している。

大変辛いと思う。これだけ大きなプロジェクトだ、後始末は大変だろう。
キールが油圧シリンダーから外れてしまったらしい。
これではどう仕様も無い。
今はとにかく無事にフリーマントルにたどり着くことだ。

アレックスの無事を感謝し、その愛艇「ヒューゴ・ボス」に哀悼の意をささげる。
カッコイイ船だった。

さて、ユーコーだが、アレックスの事故も他人事ではない。
いつこちらも大きなダメージを受けるとも限らない。
海面も荒れてきた。波も悪くなってきている。

気をつけて走りたい。

今、ジェノアが傷ついている。まともなヘッドセールはソレントとC5だ。
C5はこの海面でまたブローチングでもして破ったら大変なので、風と海面状況を
見て張るつもり。
ソレントではやや大きさが不足しているが、仕方が無い。
今つくづく思うのは、やっぱりセールは新しいほうが丈夫である。
みんな、新品にそろえたかったが、メインとソレントだけでも新品で作ってよかった。


それから気温が10度以下になってきている。
船内は冷蔵庫だ。
ここで今まで隠していたバッド・ニュース。
日本でグースダウンの軽くてあったかい寝袋を買っていったが、それがなんとサイズXXS
腰までしか、暖まらない。
なんてこった!
仕方が無いので上はダウンジャケットを着て寝ている。
でも、いい事もある。
作業後のコカ・コーラは実に良く冷えていてうまい!

今日はやたらスコールが来る。
それもひっきりなしだ。
でも、南氷洋のスコールは雨では無い。
激しい霙(みぞれ)と雪である。
初めて、船の上で雪合戦をやる。
そして定番の「雪だるま」

マイクはアレックスと言うパートナーを見つけたが、
僕は今日、「雪ちゃん」を船に乗せた。(写真参照)

d0073005_23294257.jpg


康次郎
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-24 23:30 | Comments(3)
アレックス無事救出!そして・・・
UTC6:50 無事アレックスはマイクに救助されました。
マイクは新しい連れができました。

私にも「雪ちゃん」という連れができました。

康次郎 

d0073005_180256.jpg



d0073005_1804099.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2006-11-24 18:01 | Comments(2)


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム