白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
エキサイトエキサイトブログホーム | ブログトップ | サイトマップ
白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
spirit of yukoh
単独世界一周ヨットレース「5-OCEANS(5オーシャンズ)」にspirit of yukoh号に乗り込み、日本人初のクラスⅠにてチャレンジする海洋冒険家、白石康次郎の公式(オフィシャル)ブログページです。
by kojiro_shiraishi
 公式ホームページ
 ライフログ
 カテゴリ
 以前の記事
 フォロー中のブログ
 最新のコメント
 最新のトラックバック
 検索
 タグ
 その他のジャンル
 ファン
 記事ランキング
 ブログジャンル
 画像一覧
<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
富士山
待望の富士山!!

太平洋横断中のこと。

「日本は美しいよ。この低気圧がすぎたら、きれいな青空と、富士山が見られるからね」

と、クルーに話をしていました。

ところが、ゴールは大雨で、富士山どころか千葉の山も見えません。

「ここは本当に日本か?」と、形なしの私でありました。

それからいっこうに、富士山は顔を出しません。

出港の日がせまる中、それではと言う事で、富士山に車で接近を試みました。

天気は晴れ。 しかし、霞がかかり、遠くは見えません。

車は小田原を越えても、見えず。 御殿場インターでも見えず。

私の心はナーバスになり、車の中も霞が掛かっていました。

「どこに富士山があるのだ!」

「こっちの方角だよ」と、曇り空を指す私でした。

こうなったらことんまで近づこうと思い、富士スバルラインにチャレンジ!

なんと、ゲートが開いていました。

暗い雰囲気の中、車はどんどん登り、五合目まで走ります。

雲の上まで出たとき、そこには待望の富士山が!!

綺麗な青空の下、白く美しい富士山が顔を出したのです。

クルーの皆さんも大喜びでした。

これで、日本の面目を果たした感じです。

本当に良かった。

後から聞いたのですが、五合目がオープンしたのは、つい四日前だそうです。
今年は雪が多く、遅れたそうです。

神様、ありがとうございます。

康次郎
d0073005_11243170.jpg



d0073005_1125015.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-30 11:27 | Comments(2)
東京湾セーリング
東京セーリング

週末は、Gitanaのお客様を乗せて、東京セーリングです。

皆さん大変喜ばれていました。

太平洋の上では「日本の富士山はきれいだ」と、豪語していましたが、
いまや、うそつきになりそうです。

入港して以来、きれい晴れた日がありません。

明日は、皆を連れて富士山を見に行こうと思っています。

神さま、頼みますよ!!

康次郎

d0073005_10123986.jpg

Gitana S.A.


d0073005_1015496.jpg

Gitana S.A.
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-28 10:15 | Comments(0)
ラジオ
NHKラジオビタミン

ご報告、遅れました。

昨日、NHKラジオ第一、朝の「ラジオビタミン」に出演させていただきました。

お相手は、村上信夫アナ、神崎ゆう子さんです。

1時間と、ラジオでは大変長い時間でした。

今回のお話は、主に教育についてです。

親父の話や、僕の教育活動や考え方について話をしました。

とても楽しい時間でした。

スタッフの西村さんはじめ、皆様に感謝します。

ありがとうございました。

康次郎

d0073005_111626.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-24 01:11 | Comments(6)
王将
羽生さん王将就位式

おめでとうございます。
先日、羽生さんの王将就位式のパーティーに出席しました。

スポニチ、毎日新聞社が主催したもので、羽生ファンも集まり、和やかな雰囲気でした。

羽生さんとは、ある企業の講演でお知り合いになりました。
夜遅くまで飲み明かした次第です。

とても気さくで楽しい方です。
でも、気さくだからこそ、そのすごさと、鋭さを感じるのです。

私は親父から「お前は将棋の才能がない」と、見捨てられた口なので、
将棋を上手くは指せませんが、羽生さんのすごさは分かります。

羽生さんにお声がけしたところ。
「帰ってきたんですね」と、笑顔で話してくれました。
今は対局中ですが、今度またゆっくり話がしたいものです。

会場には米長先生もいらしていて、少しお話をする機会に恵まれました。

楽しい会に参加でき、良かったです。

康次郎

d0073005_1123861.jpg



d0073005_1131630.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-17 11:04 | Comments(2)
ありがとうございます
ありがとうございました。

皆さん、応援ありがとうございました。

昨日、無事世界新記録を樹立して帰国しました。

すごい速さですね。

何より、この素晴らしい船、素晴らしいチームの一員として参加できたことは、
とても名誉なことであり、セイラーとして誇りに思います。

本当にありがとうございました。

まだ、3週間くらい横浜ベイサイドマリーナに居ますので、ぜひ船を見に来てください。

康次郎

d0073005_11542146.jpg

Gitana S.A.


d0073005_11533068.jpg

Gitana S.A.
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-11 07:12 | Comments(13)
最速記録達成!
本日朝7時58分40秒に白石康次郎氏を含む「チームGITANA」がサンフランシスコ~横浜のチャレンジを終えてゴールいたしました。
記録は今までの14日22時間40分41秒を大幅に更新する、11日00時間12分55秒での驚異的速さでのゴールとなりました。
皆様の多くのご声援、誠に有難うございました。
d0073005_18521086.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-10 18:52 | Comments(12)
10日朝に到着予定!

 9日の14:00の情報によりますと、

Gitana号は、FINISHまで残り330マイルのようです。
現在は低気圧前線を通り抜けているため、
海が非常に荒れている状態だそうです。
FINISHは城ヶ島の灯台
予定では10日の朝方に到着する予定です。
その後は、10日の昼~夕方にかけて
横浜ベイサイドマリーナに入航予定です。


STAFFより
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-09 15:27 | Comments(2)
出発より9日と5時間が経過!



San Francisco - Yokohama
07.04.2008 - 09:34 - The passage of the cold front was already shaping up to be a little tricky for Lionel Lemonchois and his ten men to negotiate, but storms then stepped in to further complicate matters for Gitana 13. In fact, a temporary breathlessness on the part of the wind gods has already set the nerves of the eleven sailors on edge. Since this time though, the wind has kicked back in again and the maxi-catamaran in the colours of LCF Rothschild Group is making up for lost time by snatching back some precious miles on the reference time.

Yesterday evening gave Gitana 13 a rather nasty surprise. Finding themselves up against a real barrage of squalls, which appeared very late on in the satellite images, Lionel Lemonchois and his ten crew had to battle hard to extract themselves from the capricious storms. Sylvain Mondon, weather expert from Gitana Team, provided us with a few explanations about this stormy zone: “The storms were buried within the mass of the cold front. The front piled one on top of the other and reactivated each of them, creating a vast zone of storms which didn't even exist on the satellite images just a few hours prior to Gitana 13’s passage” commented the router of the maxi-catamaran.

“The wind doesn’t want to come!” said a slightly irritated Lionel Lemonchois at the start of the conversation yesterday evening. “There is no breeze, or the little there is, is turning every which way. The upshot of this is that we have covered just 30 miles in 4 hours and we're under some awful squalls so it's raining too… We’re going to get across this zone in the end though. The main concern is that this situation doesn’t last long.” Perturbed to see the time ticking by without racking up the miles at this precise moment, Lionel Lemonchois is not concerned about the overall record but rather the timing which Sylvain Mondon has given them, in order to join up with a very deep low, which will likely be the most difficult obstacle on this North Pacific crossing: “We should manage to pass to the north of the large depression which is lying in wait for us. Our rendez-vous with this fine zone of low pressure is scheduled for tomorrow lunchtime and given that it’s extremely active and that there’s a lot of wind forecast, we really can’t be late.”

Shortly before midnight (UT), after over four hours at a reduced pace, the maxi-catamaran being flashed at 3.2 knots at the 2030 position report, the skipper’s wishes were granted and Gitana 13 has progressively picked up speed again. Hard on the nerves, this situation was also tiring for the crew, who were constantly on deck trying to trim the sail area as best they could according to the variations in the wind, in order to get Gitana 13 making good headway again.

At the 0830 position report, the maxi-catamaran equipped by Baron Benjamin de Rothschild was making over 25 knots of boat speed, downwind on starboard tack, on a course of 250°. Gitana 13 is making good speed again then, which is enabling Lionel Lemonchois and his men to increase their lead over Olivier de Kersauson and his crew; a differential that has now stretched to over 600 miles.


d0073005_1137088.jpg

出発前の様子
Copyright; Gitana S.A.

d0073005_113782.jpg

Copyright; Gitana S.A.
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-08 13:30 | Comments(0)
海上の白石氏よりメッセージが到着しました!!


4月7日(月) 16:00い到着したメッセージです!




白石氏含め、クルー全員が健康で、
とても良い雰囲気でセーリングが出来ているようです。

現在のところ、早くて9日(水)にFINISH予定。

FINISHまでは、距離にして1,200マイル!

ここ2~3日は天候が荒れそうですが、
その中を突っ切っていく予定です!

このままいけば、世界新記録樹立なので、
頑張ります!



とのことでした。


いよいよ到着の日が近づいてきました!!




d0073005_21111397.jpg

Copyright; Gitana S.A.





STAFFより
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-07 21:13 | Comments(0)
現在、551マイル新記録更新中
San Francisco - Yokohama
06.04.2008 - 10:22 - Lionel Lemonchois and his ten crew celebrated their first week at sea in their North Pacific record attempt last night at 21h45’45’’ UT. Conserving a comfortable 551 mile lead over the reference time, the maxi-catamaran equipped by Baron Benjamin de Rothschild is making headway on a reach as the crew prepare to negotiate another cold front late today.

“The passage of the ridge of high pressure proved more difficult than forecast. We had to deal with shifty, fairly light winds throughout the day, which slowed our progress. However, we're gradually finding more pressure. Gitana 13 is currently under full mainsail and gennaker in around fifteen knots of breeze” detailed Lionel Lemonchois shortly after 2100 UT yesterday.
However, the skipper of Gitana 13 is already focussed on a big low, which the crew of the maxi-catamaran will most likely have to tackle on Tuesday: “We’re heading towards the cold front but we’re also looking a little further along the route as conditions at the end of our course promise to be feisty. The wind will fill in and we should be scooped up by a strong depression system in a little over 72 hours time" explained Lionel Lemonchois, who went on to elucidate: “It will all depend on the sea state, but whatever happens Gitana 13 is ready to weather this gale. We’ll go at it with care.”

As they wait for the wind to pick up and the seas to build once more, the eleven sailors aboard Gitana Team are making the most of the stable conditions they have right now. Their focus is on racking up some hours of rest, as sleep may well be something they’ll be lacking over the end of this North Pacific crossing. What matters most though is that given the brisk conditions forecast, progress will also be fast, which will certainly satisfy the appetites of our record hunters.


A few figures after a week at sea - Data from 5th April at 2130 (UT)

Distance made good: 3,577 miles, at an average speed of 21.41 knots
Distance covered along the great circle route (direct course): 2,604 miles, at an average speed of 15.60 knots
Distance left to go: 1,879 miles
Most distance covered in 24 hours: 612.7 miles (dating back to 3rd April)
Lead over the record: 494 miles



d0073005_2334182.jpg

Copyright; Gitana S.A.
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2008-04-06 23:36 | Comments(0)


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム