白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
エキサイトエキサイトブログホーム | ブログトップ | サイトマップ
白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
spirit of yukoh
単独世界一周ヨットレース「5-OCEANS(5オーシャンズ)」にspirit of yukoh号に乗り込み、日本人初のクラスⅠにてチャレンジする海洋冒険家、白石康次郎の公式(オフィシャル)ブログページです。
by kojiro_shiraishi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 公式ホームページ
 ライフログ
 カテゴリ
 以前の記事
 フォロー中のブログ
 最新のコメント
 最新のトラックバック
 検索
 タグ
 その他のジャンル
 ファン
 記事ランキング
 ブログジャンル
 画像一覧
<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
冒険家の魂
「冒険家の魂」

先日、とある講演会に行きました。
30歳前後の若者たちです。
「植村直己さんをご存知ですか?」と、聞いたところ全員知らなかったのです。
ショックでした。
これも時代の流れでしょうか。

植村直己:昭和16年兵庫県城崎郡日高町上郷に生まれ、世界を代表する冒険家。
日本人として初めてエベレストに登り、世界で初めて五大陸最高峰を極める。
国民栄誉賞、バラーインスポーツ賞をはじめ数々の賞を受賞

実は私の師匠である多田雄幸は植村さんと友人でした。
歳は師匠より植村さんの方が下でしたが、師匠が尊敬していました。
もちろん私もそうです。
新宿のゴールデン街で良く植村さんの話を聞かせてくれました。
植村さんが北極点に一人犬ぞりで冒険していた時、ワクワクして見ていたものです。
当時は北極もグリーランドも未開の土地で地図がありませんでした。
実は師匠の多田さんは北極冒険の時、無線局「オーロラベース」の隊員として行っております。
植村さんと多田さんは友人でしたが全く別のタイプでした。
植村さんんは寡黙で実直。静かな中にものすごく強いものを持っております。
多田さんは天才で芸術肌でした。明るく社交的でどこにも染まらず雲のような人です。
形は違いますが求めているものは一緒でした。
私もそうです。植村さんや多田さんに遠くおよばずタイプも違いますが、求めているものは一緒なのです。
植村さんが北極の冒険に出ているとき、2回白熊に襲われています。
一回目はテントをぐちゃぐちゃにされ死ぬ思いだったそうです。
二回目は見事に仕留めました。
その時の白熊の爪を植村さんが多田さんに贈っています。
そういえば多田さんが良く自慢していました。
その爪をもって多田さんが第一回世界一周レースで優勝するのです。
多田さんが亡くなり形見分けの時、その爪を植村さんの奥様に渡しました。
「これは康ちゃんが持っていなさい」
そう言って静かに僕に手渡してくれました。
嬉しかったです。
それから僕はその爪をもって世界3周しています。
この、植村直己が獲った爪は冒険家の魂です。
今、私の手元に預かっておりますが、いずれは次の冒険家に引き継いでもらいたいと思います。
若者よ、もっと冒険しよう!!

康次郎

d0073005_20245242.jpg


d0073005_20255041.jpg


d0073005_20254279.jpg


d0073005_202640100.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-25 20:27 | Comments(0)
ディズニーシー
「シンドバットの冒険」

家族でディズニーシーに行ってきました。
世界で初めて海をベースにしたアトラクションです。
開業前に少しオリエンタルランドの方とお話をしたことを懐かしく思います。

さて、ここで僕が一番好きな乗り物はなんでしょうか?
実は「シンドバットの冒険」です。
派手なアトラクションでは無いのですが、一番好きですね。
船に乗ってシンドバットの冒険の様子を人形で表現しています。
そこに流れている歌の歌詞を載せます。

「コンパス・オブ・ユア ハート」
青い空高く帆を上げて 水平線の彼方を目指せ
夢のように光りきらめく 宝物が君を待つ
荒波が船をゆさぶり 嵐が行く手はばんでも
恐れず進めば友達が 手を差し伸べてくれるさ
風に吹かれ旅は続く かじを取れ希望を胸に
進めみんなを助けながら 優しさと勇気忘れず
人生は冒険だ 地図はないけれど
宝物探そう 信じてコンパス・オブ・ユア・ハート
宝石や 黄金より 大事なものがある
人生は冒険だ 地図はないけれど
宝物探そう 信じてコンパス・オブ・ユア・ハート
何よりも 大切な 心の贈り物
ついに見つけたよ宝物 宝石や黄金じゃなく
旅の中で巡り合った 素晴らしい僕の友達
人生は冒険だ 地図はないけれど
宝物探そう 信じてコンパス・オブ・ユア・ハート
無事に帰ったら 君の周り見てごらん
友達こそ宝 信じてコンパス・オブ・ユア・ハート

シンドバットが冒険に出る時に老人がこう話します。
「この先は危険だ!如何なる時も心のコンパスに従うのだ」
まさにその通りだと思います。
いつも透明な心でいないと正しい決断はできません。
身をもって体験しました。

最後に別のアトラクションですが、こう書いてあります。

「人生は素晴らしき冒険旅行」と、

康次郎

d0073005_17395084.jpg



d0073005_17401376.jpg



d0073005_17403114.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-21 17:41 | Comments(0)
【メディア情報】4/20(土) テレビ朝日『あさナビ』
【メディア情報】4/20(土) テレビ朝日『あさナビ』

白石康次郎のメディア出演情報です。
是非、ご覧ください!

4/20(土) 6:30ー8:00
テレビ朝日系列『あさナビ』

事務局
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-20 07:51 | Comments(0)
竹馬の友
同級生

同級生とは本当にいいものだ。
最近、仕事先で良く同級生に会う。
みんな活躍している様子で僕も嬉しい。
私の小学校は鎌倉八幡宮の奥にある。
小学1年生から中学3年生まで9年間通った。
当時としては少ない3クラスで兄弟のように育った。
古い鎌倉駅から桜並木の段葛を抜けて八幡宮の境内に入る。
子供にとっては格好の遊び場だった。
素晴らしい友達ばかりで、今だに集まりがあると予想以上に集まる。
同級生はもう、二度と作り出すことができな貴重な存在だ。
私が何をしようと、小学生の気持ちのままで付き合ってくれる。
掛け替えのない友である。
航海中に目を閉じればキラキラと懐かしい思い出が蘇ってくる。
だから私は一人の航海でも孤独を感じた事が無い。
友に感謝。

 康次郎

d0073005_22491961.jpg





d0073005_22495667.jpg


d0073005_22494091.jpg


d0073005_22502966.jpg
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-17 22:51 | Comments(0)
吉野の桜
吉野の桜

番組のロケで「吉野の桜」を見てきました。
その前に、行者さんの歩く「大峯山」を歩きます。
未だ女人禁制の結界門があり、引き締まった感じの霊山です。
今は4月の中ごろですよね。
しかし、ロケ当日は何と吹雪!
新雪が4cm以上も積り、気温は-7℃を下まわっておりました。
水筒のチューブも凍りつき、まさに修業そのものです。
僕とガイドさんは燃えておりましたが、このままでは撮影スタッフが遭難する恐れがあるためコースを変更。どんな時でも油断大敵です。
何とか全員無事に下山して、朝早く吉野の里に入ります。
そこには本当に美しい景色が広がっておりました。
桜の種類が多く、まだ咲いていない桜、もう散ってしまった桜など色とりどりでした。
咲いても良し、散ってもなお良しの美しさです。
最後に、桜を見上げる吉水神社の宮司さんにお話を伺いました。
桜を見上げ合掌。感謝の心を忘れてはならないとお話をされておりました。
桜の寿命は60年余り。しかし、目の前には1300年以上前から桜が咲いています。
僕の見ている桜は、人々が次の世代、また次の世代へと命と美しさを伝えてくれたものなのです。
今の世の中、「今だけ、自分だけ、お金だけ」の人が多くなったように思います。
大切なのは、祖先が我々に何を残してくれたのかを深くとらえ、それをより良いものにして次の世代に繋いで行くことが、今の私たちの使命ではないかと吉野の桜を見て強く感じました。
日本は世界に咲いた一輪の桜です。
次の世代もきっと美しい桜を咲かせてくれると信じております。
康次郎

BS-TBS「日本の名峰・絶景探訪」5月4日(土)夜09:00~09:54 放送予定

d0073005_2015276.jpg


d0073005_20161171.jpg


d0073005_20163439.jpg


d0073005_20165482.jpg
[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-15 20:17 | Comments(0)
どこでもドア
どこでもドア

「どこでもドア」欲しくないですか?
ドラえもんのアイテムの中で一番欲しかったものです。
世界中をこの目で見てみたい。(子供のころは「兼高かおる世界の旅」しか海外番組は有りませんでした)
そんな好奇心がやがて大きな夢に育ちました。
実際、僕の「どこでもドア」はヨットです。
その名も「Spirit of yukoh」最初船は50フィート(約15m)です。
師匠の船を大幅に改造して誕生しました。
これで史上最年少単独無帰港世界一周176日を達成しました。
二世は40フィート(約12m)小型ではありましたがあこがれのデザイナー フランスのグループフィノ設計の船です。この船で日本から太平洋を横断しサンフランシスコへ、そこからアカプルコ、パナマ、マイアミからニューヨークへ。ここからAround Aloneスタート。ニューヨーク、イギリス、ケープタウン、ニュージーランド、ブラジル、そしてアメリカのニューポートまで地球を一周半走りました。
三世は60フィート(約18m)日本人初のクラスⅠ参戦でスペイン、オーストラリア・パース、アメリカ・ノーフォーク、スペインと2位で走りぬきました。
彼女達は本当によく走ってくれました。私の愛おしい愛艇たちです。
身近にある海は世界中に繋がっています。
皆さんも心の扉「どこでもドア」を開けてみてはいかがですか!

康次郎

d0073005_11285695.jpg


d0073005_11291759.jpg


d0073005_11293559.jpg


d0073005_11295375.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-03 11:29 | Comments(0)
アスレチック
アスレチック

子供たちは春休みである。
娘を連れてアスレチックに行ってきた。
ここのアスレチックは大変大きく山の中にあるので気に入っている。
施設も古く、いいクッションも無く、どこか危なげでハラハラするところが好きである。
実は、そんなところが子供は大好きなのだ。
春休みともあって子供たちで大にぎわい。
みんな、各アスレチックを泥だらけで楽しんでいた。
うちの娘も泥だらけ。でも、一つ一つのアトラクションをクリアーするたびに、自信を付けていく。
私はもちろん手を一切出さない。
一度、力足りず2m近くの壁を降りられず、あえなく落下!
下でうずくまって泣いていた。
足を冷やしながら意気消沈していたが、落ち着いたところで私が正しい壁の降り方、ロープの握り方を伝授。
その後は、自分でこのアトラクションは出来る、できないの判断をして、夢中になって遊んでいだ。
いま、子供が泥だらけになっている姿を見ることが無くなった。
とてもさみしい気がする。
でも、ここの子供たちでひとりゲームをやっている子供は一人もいない。
どの子も夢中になって頑張っている。垂直に近い滑り台は大人気で、自然とそこにはルールができ、自分のタイミングで滑っていたようである。
必死にロープに食い下がり、よじ登っている子供たちの姿を見ていると、強く大人の責任感を感じる。
大人はこう言う「ゲームばっかりやっていないで、外で遊びなさい」と。
子供の声を代弁して言おう。「どこで遊べばいいんだよ。公園は野球禁止。面白かった遊具は全部取り払われ、つまらない物ばかり。川や池にはフェンスを張られ近づくなと言い。つまらん!」
これではゲームでもやるしかしょうがないのではないか。臨海学校も無くなっている。
これらは決して子供達の希望で無くなったのではない。
大人の責任を取りたくない、こと流れ主義によるものである。
確かに、池で亡くなったお子さんや、遊具で大けがしたお子さんは本当にお気の毒である。一人の親として察するに余りある。
問題はその原因の考え方だ。
司法はフェンスを張らなかった業者が悪いという。危険な遊具を作った業者が悪いという。
本当にそうだろうか?
私の考えは違う。
それが危険だと判断できなかった事に一番の原因が存在する。
そしてその危険に対処できなかったことが大きな問題なのである。
物理的な問題にしてしまうと、その危険物を排除しようとする。
そうすれば簡単に危険度は下がるが、子供たちの訓練水準はどんどん下がり、いざとなったとき、予期せぬできごとがあったときに何もできな子供を多く造り出しているのではないか。
日本には台風、地震、津波、火山による自然現象。また今、不安定なアジア情勢など、子供たちの将来は決して安定的なものではない。
少子化問題もあり少数精鋭で人生を歩まなければならない。
私が海洋教育に力を入れるのはこの為である。
海は大きく人間の創りだしたものでは無い。よって予期せぬ出来事の連続だ。
私は子供たちに、嵐に遭わない方法を教えているのではない。嵐の中でも悠然と走れる子供たちを育てていきたいのだ。
訓練には必ずケガや事故がつきものである。どんなに注意を払っても起きてしまうことがある。
幸い今まで大きな事故は無いが、これから無いとも限らないのだ。しかし、誰かが責任をもってやらなければならないと思う。女房にも刑務所に叩き込まれるかもしれないが僕の信じる道なので覚悟してくれと言ったことがあった。
これも私の天命かと感じる。
長くなってしまったが、泥だらけの子供たち、夢中になって遊んでいる子供たちを見ていると何と清々しいことか!

康次郎

d0073005_1136839.jpg



d0073005_11364024.jpg


d0073005_1137748.jpg


d0073005_11372855.jpg

[PR]
by kojiro_shiraishi | 2013-04-01 11:38 | Comments(0)


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム